«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 50 | 51 | 52 || Next»

 2017年09月 23日

 信州の漬物本舗と大王農場


安曇野の豊科には、野沢菜に代表される信州の漬物の老舗会社が多い、帰り道、直接漬物本舗で漬物を買って帰ることにした。

近くにわさび田で有名な大王農場もあるので、そこも久しぶりに寄って見た。観光名所になっているが、夕方で店舗はしまっていたが、ぐるりとわさび畑を一周してみた。10年ぐらい来ていないかもしれない。

安曇野は碌山美術館を中心に陶芸家や芸術家が集まっているところ、移住地としても人気が高い。レゾンの白馬ライフ時代には毎週のように出かけていた。旧知の土地家屋調査士の事務所に寄って見たが、昔の知り合いももう亡くなっていたり、病院や施設に入っていたりで、もう立ち寄れるところも無くなって来た。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2017年09月 17日

 光市の総理大臣の系譜


山口県光市の観光課に出向いて観光スポットを聞いたが伊藤博文記念館ぐらいであまり目立つところはない。何か食事のできる所はないかと聞いたが、室積という昔北前船が出入りしていた港に食事できる所があるというので出かけてみた。
室積には12軒ほどの廻船問屋があり通りは結構な賑わいがあったところ。ここにささの屋という雑炊を食べさせる店があり入ってみた。70歳前後のおばさんたちの集まり場のようなところで、雑貨や衣類も売っている。ここで流れているCDの曲が妙に気に入った。聞いてみるとあさみちゆき、という地元出身の人で阿久悠が最後に手がけた歌手との説明。歌謡曲でもないしフォークでもない、妙に懐かしい感じの曲だ。

食後海商どおりを歩いて郷土館へ。ここで隣の専光時の第二奇兵隊脱走事件の顛末を聞く。幕末第二奇兵隊の屯所だった専光寺では、長州藩同士のいざかいが幕府直轄地にまで及び結果12名の奇兵隊員が専光寺で処刑された。まるで昨日のことのように、豪商の子孫だった説明員の人が話してくれた。
海商どおりは観光スポットとは呼べない普通の街並みだが、誰も観光客のいない何気ない街を歩くのは嫌いではない。

伊藤博文は光市出身の初代総理大臣、松岡三十朗という豪商がいて幕末長州藩を私財をなげうって支えた。その子供が日独伊三国同盟を結んだ松岡洋右(ようすけ)。その親戚が岸信介と佐藤栄作、そして安倍晋三だ。明治以来総理の系譜を秘めた町が光市だ。
※旅行便利帖・・・65歳以上のJALやANAの会員は、当日空席があればシルバー割引で、1万1千円ぐらいから高くても2万円前後で全国どこへでも飛んでいける。ただ、当日空席を確保するのに朝一番で空港に行かなければならない。ところが、当日午前0時を回ったところで、PCでANAの空席状況をみると一般の予約欄に並んでシルバー割引の予約欄が新たに出現してシルバー割引の予約ができるのだ。つまり空港に行かなくても席が確保できるのだ。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




目の前に初島を望む熱海の代表的な分譲地熱海自然郷は奥が深い。

広大な敷地には路線バスが走り、居住者も多い。どこの分譲地も設備やインフラが劣化して利用者が少なくなるのが一般的だがここは温泉は掘りなおす、管理事務所や集会所は新しくなっている。グランドもテニスコートもよく整備されている。

管理事務所のすぐ近くには南熱海温泉ホテルが建てられているが、つい最近のようだ。戸田絵本美術館はかなり前からあって結構有名だが、芸能人やタレントの別荘も結構ある。

分譲地を見渡すと何やら五重の塔のようなものが見える。ここに行ってみようと、分譲地内を走り回ったがなかなか到達できなかった。ようやく着いたときはあたりは真っ暗になっていて門は閉まっていた。後で調べたら風雲文庫とかいうところで千円で中を見ることができるようだが、わけのわからないところのようだ。

いろんな人が入り混じっていてごちゃごちゃになっているのに、分譲地が整備されてきているのが、とても不思議だ。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




伊東の八幡にある高原の湯は、昔レゾンが伊豆で貸し別荘をやっていたときは、よく入りにきた。沢山の割引券が送られてきて、貸し別荘利用者は3割引で入ることが出来た。しばらくして伊豆赤沢にDHCの立ち寄り温泉が出来て、少しお客さんが減ったように思ったが、それから10年以上経つが、駐車場は満杯で盛況だ。

伊東の中心地に近く、高原にいるような敷地内に露天風呂が三つもある。

休憩室もゆったりとして寝転ぶことも出来る。受付のおじさんも同じ人がいたが、白髪になっていたので、もうしばらく来なかったのだと思う。

休憩室で寝転んで休みを取ったので帰りは遅くなってしまった。ぐらんぱる公園の園内には入らなかったが夜の公園のイルミネーションは綺麗だった。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2017年08月 27日

 紋別港の夜と朝、食事に満足


紋別は雪の降った時期に来たことが何回かあるが、夏は初めてだ。オーホーツクの流氷が観光の目玉で、広い原野や牧場に囲まれ北海道の雄大さに触れることは出来るが特に目立つ場所はない。冬は道も凍っているので、市内も歩きにくかったが、今回はあちこちに出歩くことが出来た。夜は、人通りも少なく港は船が繋留されているだけで人気はない。構内を動いている船は見当らない。

早朝、日の出を見ようと朝4時半にホテルの展望スペースに上がってみたが、雲で日の出は見られない。ちょうど、冬のときもそうだったが、漁船群が港を出港するところだった。冬は太陽の昇る方向に船団が直線に並びとても勇壮な景色だった。時期によって.、漁の種類が違うようで、夏場はホタテなどが対象のようだが、舟は港を出ると左に旋回し沖に向っていった。

10人ほど乗れそうな比較的大きな船が船団を組んで出港すると、しばらくしてそれより一回り小さい船が数隻順番に出て行く、更にしばらくしてもっと小さな船が次々と港を出て行く。それぞれ漁の対象が違うのだろう、順番も決まっているようだ。

紋別は魚介類が豊富で、新鮮な海鮮料理が楽しめる。金額も安い。ここまで、来る人も少ないのでヒコーキも予約が取りやすい。ホテルの夕食は、ホタテづくしを頼んでみたが、新鮮なほたてはおいしかった。朝はバイキングだが、種類も多く、より取りみどりでとても満足できるものだった。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




岩国空港におりたが、空港近くに錦帯橋があるので寄って見た。以前新岩国に新幹線で来たがその時は寄れなかったのでいつか行ってみたいと思っていた。
橋を渡るのは、有料だしこれから周防大島に向うので、橋の下で写真をとるだけにした。駐車場は無料なのでゆったりと橋を見ることが出来た。橋の向こうには岩国城も見える。

その後は、海沿いに周防大島に向ったが、途中ジャンボ鮨を食べてみたが、ねたが大きいと食べにくいと思った。
周防大島には錦帯橋から30分ぐらい、遠くから見ても大きな島で瀬戸内海で3番目におおきな島らしい。

この数日、何処を走っても道路工事をしていて渋滞がある。この山口県でもいたるところ工事している。きっと、予算の消化のためにこの時期に無理やり工事をするのだろう。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




お盆の観光帰省シーズン真っ盛り、ヒコーキの切符もなかなかとれない。早朝羽田をJALで出発、那覇からうるま市にレンタカーで向う。JALの出発が遅れてしまい心配したが、途中渋滞もあまり無く、1時間少しで到着。うるまには世界遺産の勝連城がある。

そこから、那覇まで引き返して、宮古島に向かう。宮古島は、美しいビーチがあるが、砂山ビーチは昔行った事があるので、立ち寄って見た。夕暮れの海の写真も撮りたかったが、那覇に戻る最終便が19時45分で間に合わなかった。

那覇空港に21時半ごろ戻ったが、那覇発の便はほぼ終了していて、空港内施設もシャッターを閉め始めている。黄色い線の内側だけ空けて後は閉めると警備の人から聞いた。そこには椅子が少しあるだけで、早朝3時25分まで滞在できそうな場所はない。モノレールがまだ動いているので、国際通りまで行くことにした。100円ビールの安い居酒屋が見つかったので、モノレール最終便まで居酒屋で食事。島ラッキョウ、もずく天、豚のふりそで、ピーナツ豆腐を食べた。

空港のわずかに空いているスペースは、テントを張って寝ている人もいてかなり大勢が集まっていた。

空港に戻っても、まだ時間があったので、近くの駐車場に行って那覇市街を撮影した。
朝、6時45分のJALで出発し、翌日ANA便朝5時半に戻った。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




野尻湖に午後4時半ごろ到着したので、しばらく作業をしていたら暗くなってしまった。
夜景を取りたかったので、北志賀高原に行ってみた。

お盆前に見るところがあるので、上田の東横インに泊まって明日帰ることにした。
居酒屋は混んではいなかったが、家族連れが多かった。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




会津の建物は、風格のある建物が多い。この前沢地区は、会津武士の落人団地だったが明治40年に大火があり焼失したため、各戸が同一大工集団によって一斉に建築した建物が現在も残っている。
国道352号線沿いには駐車場とそば処、案内所がある。舘岩川にかかる橋を渡ると集落だ。特に観光化されているわけではなく、日常の生活が行われている。

建物はよく手入れされており、L字型の家が多く曲家(まがりや)と呼ばれている。茅葺屋根の意匠性の高い建物が集落を作っている。

集落内には水場があり、水路が道路沿いを流れている。後ろに小高い山、手前に美しい川、両方に挟まれた古風な建物、日本のふるさとの風景がここにある。

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




南会津の木賊温泉は小さな集落で、民宿程度の旅館が数件あるだけ。でも温泉は豊富に出るようであちこちに共同浴場がある。井筒旅館に向う川沿いの共同浴場は混浴だ。

川に下りていくと綺麗な渓流が流れていて、その脇に温泉小屋がある。100円を料金箱に入れると誰でも入れる。女性は、更衣室が別にあるが、湯船は一緒だ。水晶のような綺麗な温泉で、少し硫黄の匂いがする。誰も入っていないので、ひたすら写真を撮った。

泉温もぬるくも熱くもなくちょうど良い。川には綺麗な蝶が舞っている。ひたすら温泉に浸かったが、結局誰も来なかった。
木賊の集落にあちこちに共同浴場がある。夕方、各自の家近くの共同浴場に入るのが、日課になっているようだ。集落の家は風格のある木造住宅が多い。舘岩小学校の校庭には、ようこそたていわ、と書かれていたが、校舎もなかなか立派なものだった。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ


«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 50 | 51 | 52 || Next»