«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 53 | 54 | 55 || Next»


大洗海岸には、道の駅のような施設があり、そこにはちょっとしたアウトレットのような場所がある。お魚天国という食堂でマグロ二色丼を食べた。そこからは、フェリー乗り場が一望できる。

帰りがけ、おおきな白いモニュメントが見えたので、寄り道してみることにした。そこは大串公園といって、貝塚や縄文・弥生文明の遺跡が見つかったところのようだ。白いモニュメントはダイダラボウと言って自然を作り上げた神のような存在としてあがめていたようです。

大串公園には、縄文や弥生の建物が作られていた。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2018年04月 02日

 佐野市にある田中正造の生家


佐野市赤見の出流原(いずるはら)で湧水を汲もうと向ったが、途中暗くなってしまい田中正造の旧宅前で断念した。

正造の生家は前にも来たことがるが。道路の反対側には公民館がありその隣に田中正造のお墓があるのは知らなかった。

生涯足尾銅山の公害問題に取り組んだ偉人として教科書に載る人だが、幼少期はわがままで手に負えない少年だったようだ。

生まれた地域をこよなく愛したようで、晩年は道端に転がっていた石を拾いとても美しいと大事に懐にしまっていたという話しを読んだことがある。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2018年03月 30日

 伊豆大川駅とその周辺


海を見渡す小高い場所にある伊豆大川駅には足湯があり誰でも自由に入ることができる。小さなお菓子屋さんがあるぐらいで食堂もないが、駐車スペースは結構あるので、車で来ても足湯に入れる。

丁度、上り下りの電車が大川駅で時間調整していて乗務員同士で談話していた。写真撮影にもこころよく応じてくれた。

少し降りると海岸にたどり着くのだが、海岸には海に面して露天風呂がある。この露天風呂に行くには、結構ながれの早い渓流が通っているマンホールのようなトンネルを潜り抜けなくてはならない。

今日はお休みだったが、普段は若い女性なども結構利用している。高齢者は少し危険かもしれない。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




周防大島は伝統的に建築技術が優れている。風格ある屋根瓦にどっしりとした木造の建物がどこの集落にも見かけることができる。周防大島だけでなく、瀬戸内一帯にその技術は広められたようで、この地方の建築技術のレベルの高さを誇っている。道の駅には、記念館や移築した建築物もある。

道の駅事体は地味だが、裏には真宮島という干潮時に陸とつながるパワースポットもある。

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




淡路島は神戸から1時間ちょっとで行けるが、結構大きいので南端までは1時間ほどかかる。灘漁港は魚の水揚げで忙しい。観光客もいないので、中に入って写真をとっても怒られない。魚が、一杯集まって、升や生け簀でぴちぴちはねている。

黙々と漁師さんは作業を続ける。そんな姿を目の前で見ると、何か気分がすっきりしてくる。

午後は、西側の淡路市に廻った。昼飯を食べていなかったので、夕飯がわりに海鮮丼を頼んだ。新鮮な魚介類が一杯入っておいしいのだが、手が込んでいてなかなか出来上がらない。

夕日の沈むところを撮影したかったので、どんどん時間がなくなってしまい、あわてて食事をして海岸に向った。

夕日は、最後は雲に隠れて沈んでいった。

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




群馬の下仁田方面は、下仁田ネギとこんにゃく、最近は富岡製糸工場が世界遺産に認定された。製糸工場も女工の働いた場所でなんとなく暗い遺産で、こんにゃくは昔間引きに使われたイメージがあってこれも暗い。
でも、こんにゃくパークは朝から続々と車が駐車場に集まって、とてもにぎやかだった。

無料バーベキューコーナーは行列が出来ていて、とても並んで食べる暇はない。こんにゃくの詰め放題と、こんにゃくゼリーの詰め放題に挑戦して帰ることにした。

遠くに富士の見える広い敷地に足湯や遊び場などもあり、結構にぎわっていた。

富岡製糸工場のあたりは、道路もよく整備され、お店も垢抜けした感じがする。”おきりこ”は、上州の”ほうとう”らしい。麺がとても幅広く、大根ばかりかなり沢山入っていた。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2018年02月 26日

 都留市で富士の湧水を汲む


少し前に鳴沢村で富士の湧水を汲もうとしたら、午後5時で止められていて汲めなかった。それ以来富士方面に来たらなんとか湧水を汲みたいと思っていた。都留市は、富士五湖からかなり離れていて、リニア実験線の基地があるところだが、この辺りは富士の湧水がいたるところで湧き出ている。水耕栽培にも綺麗な富士の湧水が引かれている。

永寿院には水汲み場がある。わかりにくいところだが、なんとか車で行ける。

ここで、ポリタンク二つに一杯富士の湧水を汲んだ。お湯を沸かして飲んでみるとよくわかるのだが、水道水とは一味違う。しばらくはおいしいお茶が飲めそうだ。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




日光の帰りに足利に行ってみたくなった。足利はまだいったことが無いが、最近フラワーパークなどで結構訪れる人も多いようだ。室町幕府を築いた足利尊氏の銅像もここにある。

街並みは落ち着いていてちょっと気取っている。足利邸は広く樹齢何百年の銀杏もある。広い敷地には、菩提寺の他に五重の塔や仏舎利のような建物もあり、重要文化財国宝に指定されている。少し南側に日本最古の学校足利学校がある。こここで若い女性ばかりの奇妙な集団に出会った。何しにここに来たの?と聞いても答えはなかった。ちょっと写真を撮らせてというと、みんなが集まって撮影させてくれた。足利学校の奥の方の建物では、写経もやっているからみんなで行こうと思ったのかもしれない。

香雲堂の最中がおいしいと聞いていたので、お店に入って一つ買って食べた。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




四国も太平洋に面した伊予町には明るい日差しがふりそそぐ。ここは冬でも暖かいのではと思う。伊予はみかんが有名だが、じゃこ天も結構名が知れいる。

海に面した広い敷地にある双海シーサイドパークには、観光で訪れる人もいる。

じゃこ天は、いろいろな魚をすりつぶして油で揚げた食べ物で、見た目はおいしそうではないので、一つ食べてみた。その場で焼きたててくれたので、熱かったけれど、結構おいしかったので、もう一つ注文した。一個130円ぐらいだと思った。

四国の海はとてもきれいだった。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2018年01月 12日

 富士山麓のお水取りに失敗


裾野市から鳴沢村にむかい、帰路に着く。このあたりで富士の湧水を汲もうと探してみたら、鳴沢村の道の駅鳴沢でお水取りができそうだ。立ち寄り温泉もある道の駅は、人も少なくあたりは暗い。湧水の場所もわからないので、お店の人に聞いてみたら、気の毒そうな顔をして午後5時までで水は止めてしまかも知れないと、岩場を教えてくれた。そこに行くと案の定水は止まっていた。

このまま、帰りたくないので、調べたら都留市の三つ峠駅に湧水がありそうだ。ちょっと遠いけれど帰る方角なので向かってみた。三つ峠駅は無人駅で駅前には店もなく人もいない。どう見ても水場は見当たらない。年配の人が歩いてきたので聞いてみた。しばらく考えてみて、ここには水場が無いと結論がでた。登山道の途中にはあるが、いまからは危険とのこと。ここでお水取りはあきらめて、食事をとることにした。

うどんの駅というのが、少し行ったところにありそこで食べることにした。正月以外年中無休、セルフサービスの自動券売機、一人で切り盛りしているから、結構商売になっているかも知れない。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ


«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 53 | 54 | 55 || Next»