«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 65 | 66 | 67 || Next»

 2021年01月 20日

 小豆島の寒霞渓に上る


今日は東京⇔小豆島日帰り。羽田から高松空港→高松築港→土庄港へ行き、役場や現地まで行って帰る。乗り換えやちょっとしたごたごたがあれば、帰れなくなる。注意深く予定を組んだつもりでもどこかで手違いが生じるものだ。
順調に調査が終わり役場を出たのだが、目の前に見える寒霞渓に寄ってみたくなった。まだ一度も登ったことが無い。
距離を計算すると、午後4時半の高速艇にはまにあいそうだ。ここは躊躇しないで山に寄り道した。くねくね曲がる山道はどこまでも続きそうだがもう引き返せない。頂上付近は雪道になってきた。もっと深くなると登れない、と思ったとき頂上に到着。閑散としていたが絶景が望める。ここから瓦を投げて祈願するようだが、お店も開いていない。
nullnullnullnull
頂上から引き返そうと思ったら、土庄港方面に下るルートがあり、結果的に若干の遠回りをしたことで、帰りの高速艇には余裕で戻れそうだ。途中巨大な観音様を見かけたので、ここも寄ってみることにした。広い駐車場に清掃作業中のご年配の方がいて、入っていいかと聞いたら観音様までの行き方を親切に教えてくれた。寒霞渓に上って観音様に出会えたような気分になった。
nullnullnull


カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




関東平野には珍しい石垣のお城だ。金山城は山城で車で山道をどんどん上っていく。上杉謙信の長岡の城、伊達政宗の仙台青葉城にも匹敵するのではないか、と思わせるほど長い山道を車で登ると駐車場があり、そこから歩いて城跡にいく。
山の上にある城跡はまるでマチュピチュのようだ。
nullnullnullnull
この山の上には水が湧き出る池があり、険しい山の頂上にもあるので、不落城と呼ばれている。
nullnullnullnull
太田市は戦時中ゼロ戦の組み立て基地だった。父の身内もここに住んでいたので、なんとなく寄りたくなったので太田市まで寄り道した。

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




塩谷町の尚仁沢の水も2週間もするとなくなってしまう。寄居には日本水という銘水が有るので、脇道して汲むことにした。
nullnullnullnull
ここで汲んでいるうちに、3年ほど前に付近のミカン畑でミカン狩りをしたことを思い出した。寄り道ついでにミカン園まで行ってみたくなった。確か、3年前に農家の呼び鈴を押したとき、水木しげるの妖怪子泣き爺に似たおじいさんが出てきた。今もいるだろうかと呼び鈴を押したら、出てきた。前回も季節はずれに行ったので農園ではめぼしいミカンはとれなかった。おじいさんの話では、農園ではあまり大きなものは取れないし,入園料が余計かかるから、取ったものを網に入れたほうが安くて良い、というのでそうすることにした。二袋で千円にしてくれた。
nullnullnullnullnullnullnull
帰りはいつもの道と違い農園の先の道で長瀞まで下りることにした。途中岩根神社が有ったので、そこでお参りをした。特別なパワースポットではないようだが、商売繁盛・家内安全、なんでも御利益があるようだ。
nullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




栃木県塩谷町は尚仁沢 湧水で有名。この町の船生という小さな集落に和タリアンという名称のレストランがこの5日OPENした。船生は小さな集落だが、昔はここまで鉄道が走り、荷物の集積場もあったにぎわった町だった。
nullnullnullnull
今はその名残の倉庫があるだけだが、あちこちに蔵のある民家をみかける。広い敷地のある教会も、なんとなくこの集落の風格を漂わせてくれる。
この小さな集落に古い民家を改造したレストランがオープンした。イタリアンレストランだが、和食もメニューにあるので、和タリアンとなずけている。建築リフォーム専門のオーナーが古い民家をこの町にみつけ改造してオープンした。広い敷地に堂々と立つ民家は、歴史ある小さな集落の中心にしっかりと根付いているように思える。名水を使ったアイスコーヒーもいずれメニューに入れる予定とうかがった。
nullnullnullnullnullnull

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2020年12月 10日

 天の橋立から伊根の舟屋へ


京都府は海に面していないイメージが有るが、日本海に面した広い行政区だ。丹後半島への現地調査は、東京からだと日帰りは無理。新幹線と電車、レンタカーを乗り継いで天橋立についた。夕食を取ろうと思ったら、駅近くの居酒屋かその先のラーメン屋とコンビニしかないというので、歩いて探したが、どこも見つからない。旅館でもう一度聞いたら居酒屋に電話してくれた。6時開店だが時間が早いので外で待つことにした。ラーメン屋もコンビニも見当たらないし、昼食も取っていないので何としてもここで食べたいから、外で待つしかない。居酒屋と思っていたら、打ちっぱなしの洋風でモダンなつくりの店。若い夫婦の料理の盛り付けもきれいだ。今日はラーメン屋もコンビニも休みだと聞かされた。
nullnull
翌日は伊根市に向かい、伊根の舟屋を見てきた。丘のうえに道の駅があり、そこからは全体がよく見える。舟屋の前には観光センターや食堂もあり、施設は結構整っている。
nullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




秩父の立ち寄り風呂満願の湯の先に秩父華厳の滝がある。行ったことが無いので足を延ばしてみた。
静かな環境で少し坂道を登ったところに綺麗な渓流があり、その先が滝になっている。壮大ではないが清らかな感じがする。
nullnullnullnull
そのうえにも滝があるようだが、この先に天空のおやきの里が有るようなので、車で登ることにした。
登り切った尾根沿いに集落がありその中におやきの里がある。ご高齢のお婆さんが出てきて、おやきを売っていた。
長野小川村のおやきの里で見てきて参考にしたとのこと、大型バスも停まれるようになっていて結構商売上手だ。
nullnullnullnullnullnull
近くには、都会から来た人が天空の学校という食事もできる広いスペースがある。楽器演奏もできる場所があり、宿泊もできそうだ。
nullnullnullnull
秩父連山を見渡せる場所で天空の里だ。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




塩谷町は小さな町で、栃木県では一番早く無くなる可能性が高い町と、地元の人が言っていた。ここには、尚仁沢の湧水という名水が湧き出ている。各地の湧水の中でも特に美味しい水だ。昨年のはじめ,ここの湧水を汲んでいたとき、転んで一眼レフカメラを壊してしまった。それ以来の塩谷町訪問だが、街並みを撮影していたとき一眼レフカメラをコンクリートの道路に落としてしまい、カメラとレンズが分離してしまった。連続してこの町で一眼レフカメラを壊したが今度のほうがひどい。
そのあと鬼怒川温泉の先の龍王峡に寄ったのだが、龍王峡では車を側溝におとし、JAFのお世話になった。その先の川治温泉で休む予定だったが、どうも気分が乗らない。
nullnullnullnull
こういう時は、いつも寺社に参拝するか、お水取りをして帰ることにしている。もう一度塩谷町に戻り、名水尚仁沢湧水を汲むことにした。あたりは真っ暗で人気もなかったが、ポリボックス二つに満杯に水を汲んだ。車は近くまで入れないので、重いポリボックスを車まで運ぶのは大変だった。
nullnullnullnull
帰りに前輪のホイールキャップもなくなっていたのに気が付いた。


カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




塩谷町は小さな町で、栃木県では一番早く無くなる可能性が高いと、町の人が言っていた。ここには、尚仁沢の湧水という名水が湧き出ている。各地の湧水の中でも特に美味しい。昨年のはじめ,ここの湧水を汲んでいたとき、転んで一眼レフカメラを壊してしまった。それ以来の塩谷町訪問だが、ここで一眼レフカメラを取り出したときに慌ててしまい、またもやカメラをコンクリートに落としてしまい、カメラはレンズと本体が分離してしまった。連続してこの町で一眼レフカメラを大破した。
鬼怒川温泉の先の龍王峡に寄ったのだが、龍王峡では車を側溝におとし、JAFのお世話になった。その先の川治温泉で休む予定だったが、どうも気分が乗らない。
こういう時は、いつも寺社に参拝するか、お水取りをして帰ることにしている。もう一度塩谷町に戻り、名水尚仁沢湧水を汲むことにした。あたりは真っ暗で人気もなかったが、ポリボックス二つに満杯に水を汲んだ。車は近くまで入れないので、重いポリブックスを車まで運ぶのは大変だった。

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




上田市の分譲地を見た後、美ヶ原高原に行ってみたくなった。高校時代ユースホステルに泊まったことが有るので何となく青春の思い出に浸りたくなった。上田市を出発したのが午后4時半ごろだから、あたりはだんだん暗闇になってくる。上田から美ヶ原高原に向かう道路は舗装はされているが、道路標識もない。行違う車も全く見かけない。延々と細い道路をどこまで行くのか、1時間も走っただろうか。途中通行止めの標識があり、う回路を通るしかない。真っ暗闇の中をどこに着くかわからず、ただひたすらに登り続けた。やっと松本方面に向かう分かれ道に展望台が有ったので、ここを到達点にして美ヶ原到着と考えた。今日は暖かい一日で上田では汗ばむほどだったが、この展望台は凍えるような風が吹いていた。
写真も真っ暗闇の中、なかなかとれなかった。空は天の川も見えて美しかった。
nullnull
帰りは松本に下ることにした。市街地でお好み焼きのチェーン店が有ったので珍しいから寄ってみた。
nullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2020年11月 06日

 小豆島24の瞳の分教場


小さいころ映画で見た24の瞳は、小豆島に住む壷井栄の小説で24の瞳は映画で見た思い出がある。純真な子供たちが小豆島から離れ、都会で生活し苦難に会いながら成長する何となく悲しい映画だった。小豆島には時々来て映画村には寄ったことがあったが、分教場は立ち寄った記憶がない。
nullnull
港の前の分教場は、しっかりと整備され、お土産売り場も作られていた。中では、高峰秀子主演の昔の映画も見られるようだ。分教場は、きれいに整備されているが、ここで教師と子供たちが学校生活を過ごしていたのだと思うと、建物がとても素晴らしいものに見えてくる。道路の前は小さな港で、美しい海が広がる。学校のロケーションも建物も運動場もとても美しく見えた。
nullnullnullnullnull
美しいものは悲しく見えてくる。分教場に寄ったときの感想だ。

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ


«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 65 | 66 | 67 || Next»