«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 75 | 76 | 77 || Next»

 2024年05月 18日

 白老町の牛と馬


北海道白老町は、アイヌの民族文化を伝えるところとしてウポポイの名称で北海道あげての観光地として注目されている。海に面した白老は、ホタテや蟹など水産物の水揚げ地として、街道沿いには水産市場が並ぶ。だが、ここで有名なのは水産物だけではない、白老牛はブランド牛として知られており、この味はどこにも負けないほどの絶品だ。白老に来ると毎回寄っている店があるが、ここの定食は3500円ほどで安くは無いが、おいしさは格別だ。
nullnullnullnullnull
郊外に出て、海沿いには広い競馬馬の牧場が並んでいる。社台という地域で、かつてはシャダイ○○と名前がついた競馬馬が競馬場を席捲していた。広大な牧場を見ているだけでも、競馬馬の育成場としての価値がわかる。
nullnullnullnullnullnull
南北海道の白老は、のんびりとした街だが,静かな実力を感じられる街だ。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




早朝1便で八丈島に着き、現地調査を終えると帰りの便が5時ごろだからあまり時間が無い。役場によって、海の見える温泉が無いかと聞いたら、職員の女性が親切に場所を探してくれた、ちょっと遠いが見晴らしの湯の露天風呂からの眺望が良いとの話し。露天風呂は女性と男性が日替わりでつかるので、電話をかけて聞いてくれた。今日は男性が眺望の良い露天風呂に入れると聞いたので、早速出出掛けることにした。
途中、前にもよった郷土料理の店で昼食をとって、そこから15分ほどのところにある見晴らしの湯にむかった。
nullnullnull
天気も良く、海も目の前にひろがり、とても素晴らしい景色だ。中に入っている人が、海を指さして、クジラがお泳いでいると知らせてくれた。クジラは、白い波しぶきをあげて呼吸するために上がってくる。体の一部しか見えないが、こんな近くで出会えるとは思わなかった。白波の立っているところが、クジラのいるとこだ。
nullnullnullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




那須で一仕事を終えて帰るとインターの手前の立ち寄り温泉 那須山につい向かってしまう。お菓子の城の裏側にあり、目立つ場所にあるのでわかりやすい。
nullnull
ここの温泉は広くゆったりと入っていられて、泉質もとても良い感じだ。ゆっくり入ってから、休憩室でゆったりと出来るので、帰りはしばらく休憩室で眠ってしまう。
目が覚めて表に出たときは、雪が降っていた。
nullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




徳島空港から淡路島に向かう旅程。日程をゆっくりとったので途中鳴門市の大塚国際美術館に寄った。ここにゴッホの7枚の絵の陶板画が飾ってあった。ゴッホはひまわりの絵を7枚描いたがそのうち1枚が日本にわたって武者小路実篤等が手に入れたのだが、戦災で焼けてしまった(2番目写真)。6枚が現存する。最後の7枚目の絵を同居していたゴーギャンのために描いてそのあと自殺した(3番目写真)。2番目写真の絵が焼却した絵で写真を基に復元したものだ。
nullnullnull
大塚美術館の近くに船着き場があって、鳴門大橋の下の渦潮が見られるクルーズがあり乗ってみた。渦潮を見るのは50年以上前だ。学生時代だったが、そのころ親に心配をかけていたことを渦潮を見ながら思い出した。
nullnullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




高句麗は、紀元前40年ごろから700年代ごろまで朝鮮半島南部から中国東北部を支配した大帝国、ところが700年ごろは朝鮮半島で他の国々との戦に敗れ、朝鮮半島から高句麗王若王たち1700名ほどが日本に逃げ延びてここ日高の地を住みかとした。優れた文化や技術があり、大和朝廷は武蔵野の地の支配を任せ以後今日まで家系は続いている。脈々と続く神社はパワースポットとして訪れる人も多い。
nullnullnullnull
山の上には、水天宮が江戸時代に分祀した祠があるので、きつい道のりだが歩いて登ってみた。
あとで調べたらここを訪れた人の7人は総理大臣になっているようだ。太宰治もお参りしたとのこと。
nullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2024年01月 11日

 那須高原から南会津へ


温暖な日々が続いているので、スタッドレスタイヤをはいていれば、今のところ東北方面にも走行できる。南会津はスキー場もあり、物件も多く出るところだがアクセスが良くない。高速道路からも遠くて
どうしても東京からだと4時間ほどかかってしまう。那須高原が経由地になると比較的近いので足を延ばしやすい。今回は那須の別荘を見ることができたので、購入希望者のある南会津まで出かけてみた。
nullnull
暗くなってしまったが、ここのソースカツ丼は有名だ。たまたま前に寄った店が見つかったので遅い昼食を取った。東京に着くのは11時を過ぎるだろう。
nullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2023年09月 20日

 富士河口湖町の森と湖の王国


富士河口湖インター近くの富士山麓にタレントの清水国明さんが開いた宿泊施設、森と湖の王国がある。コテージを中心にテント村などもある広大なスペースで、宿泊やキャンプなどができ、研修施設としても使われている。当社が発刊していた月刊誌リゾート物件情報のトップページに毎月寄稿していただいていたので、清水国明さんには大変お世話になっている。いつかお世話になったお礼をしなければと思っていたので、近くに来たので寄ってみた。
nullnullnullnull
これで二回目だが、今回も不在だったのでスタッフの女性にメモ書きを渡してきた。ここはいつも大勢の人が訪れていて盛況だ。観光バスが10台ぐらい駐車していたから300人以上が滞在していると思う。若い人がバーベキューなどで楽しそうに集っていた。
nullnullnull
四国のほうの無人島にも施設を作るので、参加しないかと誘われたが、そっちの方はどうなっているのかはわからない。自然環境を大切にし、健全で健康的な生活にエネルギーを注ぐ人で、これからも活躍してもらいたい。
インターの近くでほうとうを食べて帰ることにした。
nullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2023年09月 17日

 八丈島で食べ歩き


朝7時半のヒコーキで午后5時半に帰る日帰り予定。まずいつも寄る八丈島ビューホテルでコヒーを飲んだ。ここのロビーは広々として八丈の海を見渡せるが、何といっても無料でコーヒーが飲めるのが素晴らしい。
nullnull
無料と言っても自然環境基金の寄付ビンが置いてあるから100円は入れて飲む。ここからパンフレットでお寿司屋を探して予約を入れた。満席と言われたがなんとか一人ならOKということで午後1時に入店。
nullnullnullnullnull
食後は近くのカフェで休憩、結構お客も混んでいて注文も順番待ち。
nullnullnullnull
郷土料理の店も探しに中之郷方面に出掛けたが、この地域には飲食店が見つからなかった。中之郷は坂上と呼ばれる地域にあり、長い上り坂を上がった三根山周辺地域でこの坂が難所で昔はなかなか人が立ち寄れなかったようだ。
nullnull
無料の温泉と滝があったので、そこを見て引き返すことにした。八丈島日帰りはあっというまに時間が経ってしまう。
nullnullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




函館市の近くには大沼湖や駒ケ岳などを一望に見渡せる函館七飯ゴンドラがある。郊外なのであまり観光客が殺到するところではない。少し時間があったので、立ち寄ってみた。だれもゴンドラを待っている人がいないので、一人で頂上へ。標高は660メートルほど、切符を渡してくれた若い事務の女性があらかじめ説明してくれたとおり頂上は曇っていて景色はよく見えなかった。頂上にはきれいな喫茶店がありそこには観光客が少しいる。大沼湖も駒ケ岳もよく見えなかった。この頂上のすぐ下には沢があり沢沿いには明治後期から特殊な鉄がとれこの付近は硫黄の再生工場があり一大集落だったらしい。小学校や中学校まであり麓まで結構の賑わいだったらしいが昭和28年頃閉山した。いまは樹木が密生しているただの山林だ。
nullnullnullnullnull
この後大沼湖のプリンスホテルに40年ぶりに立ち寄り、函館市内で食事をし倉庫街に立ち寄った。プリンスホテルも大きな転換期にきているようだ。
nullnullnullnull
函館山へは行かなかった。
nullnullnullnull

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2023年09月 05日

 北海道鹿部飛行場


函館から室蘭方面に1時間ほど、海辺の街鹿部町がある。温泉もあるが特に目立った観光地ではないが、ここの上空をひっきりなしにヘリコプターが飛んでいる。遊覧飛行だと思って、飛行場を訪ねてみた。
nullnullnull
広大な敷地に建物が数棟建っている。施設から出てきた人に飛行コースを尋ねたところ、ここはヘリコプターの訓練所兼試験場で
各地からヘリコプターでこの地まで飛んできて訓練と試験を終えて帰るところだと説明をしてくれた。
丁度、ドクターヘリの訓練中のようで数人の人がヘリを整備していた。とても広大な敷地で建物も大きな施設が3棟ほどあった。
nullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ


«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 75 | 76 | 77 || Next»