«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 67 | 68 | 69 || Next»

 2021年03月 25日

 丹後半島先端あたりを一周


伊根市は丹後半島の先端、ここまでなかなかこれないので、海岸線を走ってみた。徐福神社があって、大陸から仏教を伝来するためこの地に上陸したという場所があった。2000年以上前の話で各地に徐福伝説はあり、実際にここに上陸したかどうかはわかりません。昔から日本は憧れの地だったのかもしれません。その地に生まれ住んでいることを大切にしたいと思います。
nullnullnullnull
そこから戻って浦島太郎伝説のある神社に向かいました。この伝説も各地にありますが、この地が一番古い伝説の地ということです。
nullnullnull
読者プレゼントのお土産もなかなか見つからないので、観光の中心地伊根の舟屋まで行きました。この入り江の奥まで入って伊根の舟屋の全体を撮影しました。生活の場が観光地になったもので、外観の美しさよりも生活の息吹が感じられるほうが見ていて楽しいものです。
nullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2021年03月 23日

 懐かしい小諸懐古園


島崎藤村の詩、小諸なる古城のほとり雲白く遊子悲しむ、で有名な懐古園に久しぶりに行ってみた。いつ行ったかもわからないくらい昔に行ったので、どんなところかも記憶にない。詩の遊子の意味がよくわからなかったが、旅人の意味だ。ここがお城だとも思わなかった。関ヶ原の戦いで、徳川秀忠の大軍がここを居城に上田城を攻めたが、結局落とせず、秀忠は関ヶ原に間に合わなかった。徳川はその前にも上田城を攻め落とせなかった。
nullnullnullnull
藤村の石碑もあった。夕暮れで桜が咲き始めている。
藤村はこの地で義塾の先生をしていた。そのころの懐古園はどんな感じだったのだろう。
nullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




新幹線で新大阪で乗り換え福知山駅に着いたのは午后9時をまわったところ。福知山は大雨で、ホテルまでは5分ぐらいかかりそう。場所もよくわからないので、駅前にあるつけ麺ラーメンの店で場所を聞いたところ、わざわざ外に出て行き方を教えてくれた。手に持っていたビニール傘を、良かったら使ってくださいと渡してくれた。このまま。5分も歩けばびしょぬれで大変だったろう。
翌日、明智光秀の居城福知山城に行ってみた。大河ドラマの影響か、結構人も集まってくる。大きな城ではないが、しっかりとした守り中心の堅固な城だ。
nullnullnullnullnullnullnullnull
翌日、福知山駅まで出たので傘を返そうと寄ってみたが、営業時間外で閉まっていた。東京は大雨と天気予報で言っていたので、そのまま持ち帰ることにした。
nullnull



カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2021年03月 10日

 横浜山下埠頭でガンダム始動


山下公園は学校を卒業してすぐ船会社の荷役の仕事をしていたので、懐かしいところだ。南米航路の船に荷物を積んで就航するまでの作業を段取りするのだが、当時は高度成長期で毎晩深夜遅くまで仕事をしていた。nullnullnull
この埠頭の一番奥にガンダムの館がある。入場料を払ってスナックも食べたが結構の料金だった。30分ごとに動くので食事中にも発進した。15分ほどの作動時間で終了。
見物する人も平日だけど結構いる。大きなガンダムが動くさまは迫力がある。
nullnullnullnull
山下公園周辺は建物もきれいで街並みも美しい。東京にはこれだけ風情のある街は無いように思う。
nullnullnullnullnullnullnullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




真鶴岬の先端にある三石は、小学校か中学の時の遠足で来たから、少なくとも55年ぶりだ。先端の三石までは気軽に行ったように思ったが、階段を上り下りしなければならず、結構きつい。当時は全く気にならなかったのだろう。
nullnullnullnull
幕末、ここには砲台が作られ、外国船を警戒していた。江戸城のお堀の石もここらあたりから、掘られて送られた。
nullnullnullnullnull
真鶴は、湯河原や熱海のように観光化されていないので、素朴な漁師町のように感じられる。魚介類を食べさせる店も結構人気がありそうで、コロナ過でも混んでいる。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2021年03月 03日

 河津桜は雨で丁度良い


一足早く咲く伊豆河津の桜は、濃いピンクでほんのりとした春の気分に浸りにくかった。シーズンが過ぎて雨の降っているときの河津桜のほうがしんみりとして感じが良い。
散っている桜も雨の景色も河津桜には似合っている。学生時代旅館でアルバイトしていたとき、源泉がこの付近にあったので、時々点検にこのあたりに来ていた。アルバイト当時の仲間や旅館のスタッフが思い出される。いつか旅館の客になって泊ってやろうと思っていたがいまだ実現していない。
nullnullnull
人通りも少なく、お店も閉まっているところが、ほとんどだが、伊豆の踊子の出発点の雰囲気は感じられる。
ここから、天城峠を越えて東京に帰る道も選べるが、伊豆半島の東海岸を走って変えることにした。
早く帰って、一仕事しようと思ったのだが、河津から東京は結構時間がかかる。到着は午后九時ごろ、書類を整理して午後11時半になってしまった。
nullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




苗場から前橋方面に川沿いに走っていたら水力発電所が見つかった。どこにもありそうな景色だが、もう少し経ったら水車小屋みたいに、”こんな風にして発電していたんだよ”と子供たちに語り継がれるのだろう。
近くまで行って写真を撮りたくなった。小学校のころ、教科書には田園風景の絵が描かれていて、何キロ先の町まで行って、野菜と果物を買って帰ってきた、途中寄り道をして、どことどこに寄ったので、何時に家に帰りましたか?みたいな算数の問題があった。東京に住んでいたので田舎を教科書でしか知らなかったが、こんな施設を見ると昭和の風景のように思えてくる。
nullnullnullnullnullnull
狭い道をくねくね入っていって、やっとたどり着いた。山からの流水が有ったので、衛生状態はわからないけど、ポリボックスに汲んで帰ることにした。
nullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2021年01月 20日

 小豆島の寒霞渓に上る


今日は東京⇔小豆島日帰り。羽田から高松空港→高松築港→土庄港へ行き、役場や現地まで行って帰る。乗り換えやちょっとしたごたごたがあれば、帰れなくなる。注意深く予定を組んだつもりでもどこかで手違いが生じるものだ。
順調に調査が終わり役場を出たのだが、目の前に見える寒霞渓に寄ってみたくなった。まだ一度も登ったことが無い。
距離を計算すると、午後4時半の高速艇にはまにあいそうだ。ここは躊躇しないで山に寄り道した。くねくね曲がる山道はどこまでも続きそうだがもう引き返せない。頂上付近は雪道になってきた。もっと深くなると登れない、と思ったとき頂上に到着。閑散としていたが絶景が望める。ここから瓦を投げて祈願するようだが、お店も開いていない。
nullnullnullnull
頂上から引き返そうと思ったら、土庄港方面に下るルートがあり、結果的に若干の遠回りをしたことで、帰りの高速艇には余裕で戻れそうだ。途中巨大な観音様を見かけたので、ここも寄ってみることにした。広い駐車場に清掃作業中のご年配の方がいて、入っていいかと聞いたら観音様までの行き方を親切に教えてくれた。寒霞渓に上って観音様に出会えたような気分になった。
nullnullnull


カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




関東平野には珍しい石垣のお城だ。金山城は山城で車で山道をどんどん上っていく。上杉謙信の長岡の城、伊達政宗の仙台青葉城にも匹敵するのではないか、と思わせるほど長い山道を車で登ると駐車場があり、そこから歩いて城跡にいく。
山の上にある城跡はまるでマチュピチュのようだ。
nullnullnullnull
この山の上には水が湧き出る池があり、険しい山の頂上にもあるので、不落城と呼ばれている。
nullnullnullnull
太田市は戦時中ゼロ戦の組み立て基地だった。父の身内もここに住んでいたので、なんとなく寄りたくなったので太田市まで寄り道した。

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




塩谷町の尚仁沢の水も2週間もするとなくなってしまう。寄居には日本水という銘水が有るので、脇道して汲むことにした。
nullnullnullnull
ここで汲んでいるうちに、3年ほど前に付近のミカン畑でミカン狩りをしたことを思い出した。寄り道ついでにミカン園まで行ってみたくなった。確か、3年前に農家の呼び鈴を押したとき、水木しげるの妖怪子泣き爺に似たおじいさんが出てきた。今もいるだろうかと呼び鈴を押したら、出てきた。前回も季節はずれに行ったので農園ではめぼしいミカンはとれなかった。おじいさんの話では、農園ではあまり大きなものは取れないし,入園料が余計かかるから、取ったものを網に入れたほうが安くて良い、というのでそうすることにした。二袋で千円にしてくれた。
nullnullnullnullnullnullnull
帰りはいつもの道と違い農園の先の道で長瀞まで下りることにした。途中岩根神社が有ったので、そこでお参りをした。特別なパワースポットではないようだが、商売繁盛・家内安全、なんでも御利益があるようだ。
nullnullnullnull
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ


«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 67 | 68 | 69 || Next»