«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 65 | 66 | 67 | 68 | 69 || Next»


連休に、例年より数週間も早く積雪をみた長野県の飯綱高原を訪れた。
地元でも驚いたようだが、ご当地ナンバーの車はさっさとスタッドレスタイヤに
履き替えて何事もなかったように走っている。

今年は紅葉が遅れたため、この時季には珍しく落葉松の鮮やかな黄金色を
見ることができた。



大座法師池の畔の駐車場に猫が数匹。いそいそと駆け寄って来るが、
餌をもらえないとわかるとさっさときびすを返し、2度と戻らない。

車の気温計は3℃を指している。
店には入れてもらえないようだし、マイナス10℃にもなる冬はどうやって越すの
だろう。住民が増加中のエリアだから、どこかの飼い猫かもしれないが…。
 

連休中の晴天で道路の雪は融けてしまったけれど、森の中や北斜面はうっすら
白い。やせ細り、威厳をなくした雪だるまがぽつねんと。


飯綱町・横手地区から見た志賀高原方面の夕映え。
紅葉と雪を頂いた山並み、盆地にともりはじめた家々のあかりのコントラストに
見とれていたら、山影からオレンジ色の満月が猛スピードで昇ってきた。

さあ、帰らなくちゃ。
 
カテゴリー: 風景
記入者: koba

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2007年11月 27日

 幻の佐渡島


この冬最初の寒波にみまわれた日、妙高高原と苗場の調査に行った。
妙高高原は晴れていたが、強風のため体感温度は0℃・・・
駅周辺は閑散としていた。

妙高高原駅

分譲地内は20cmほどの新雪が積もり、途中で車を停め徒歩で現地入り・・・
何とか初期の目的を達成し、苗場へ向う。
 
妙高高原              苗場

 
米山SA                ニシンそば
途中、北陸道の米山SAで遅めの昼食を摂る。
ニシンそば(480円)で冷えた体も温まり、展望台に出てみたが、
あいにくの曇りのため正面に見えるはずの佐渡島も全く見えず、先を急ぐ。
長岡JCTから関越道に入ると、走る車もほとんどなく、強風の中時折雪が舞う。
越後湯沢の駅周辺も閑散としており、
周辺のスキー場もオープン前の大雪にひっそりとしていた。

越後湯沢

苗場の町の入り口に日帰り温泉施設『宿場の湯』があったが、
立寄る余裕も無く、うらめしい思いで帰途についた。

宿場の湯
カテゴリー: 風景
記入者: ishizaka

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




前日夜遅くにレンタカーの値交渉をして、まとまらないまま、早朝大島へ。
いないだろうと思いながら、一応、レンタカー会社に電話したら、
おばさんが空港で待ってくれていた。ほっとして、嬉しい気持ちで、町役場に下調べ。
役場によっては、対応の悪いところも多いのだが、大島の町役場はとても親切だった。
税務課では、現地の公図を沢山コピーして、サービスしてくれた。
水道課では、なんとか水道が引けるようにしたいと、真剣に考えてくれた。
建設課は、現地の法令を一生懸命調べてくれて、足りない資料を追いかけて届けてくれた。

みんな親切だということは、ここは親切な役場なのかもしれないと思った。
 
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2007年11月 07日

 指宿への道は遠かった


今日は、鹿児島指宿経由福岡、日帰りの強行軍だ。
鹿児島空港に午前10時到着。
「垂水フェリーまでバスで来てくれれば、案内しますよ」
とのオーナーの電話に路線バスに飛び乗った。
終点だからわかるはずとのこと。
切符売り場で垂水港行きと教えられたバスは小さくて汚い。
不安がよぎったので、バスの運転手に「垂水港に行きますか?」と聞くと、
「行きます終点です。」との返事。
狭い町をあちこち寄って、いつ着くのだろうとだんだん不安になってくる。
そのうち、海沿いの寂しい場所に出て、桜島が右手に見えてきて決断した。
東京湾で川崎に行くところを、木更津に向かっているようなものだと思い、
バスを飛び降りた。
降りた所は海沿いの寒村。車は通るが、何も無い。
バス停で雨に打たれ途方にくれていると、
向かいの家のおばさんが、ミニバンに載せてくれた。
指宿に行くのだと言うと、
「これからではとても無理。国分まで行くから、そこから空港に帰りなさい」
と送ってくれた。
国分駅で聞くと、電車で行けば午後3時に指宿着。
タクシーの運ちゃんに聞くと、「指宿から空港までまけて2万円。」
これは指宿行きは無理かも知れないと思って、昼ごはんにカレーを食べることにした。
丁度、カレーが運ばれてきた時、慌てたオーナーが駅まで車で迎えに来てくれた。
ご飯も食べず、必死に指宿に向かったら、
なんとか、4時半には空港に着くことができた。

 
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




中央自動車道諏訪ICをで、国道152号線(大門街道)を行くと
まず目に入るのが八ヶ岳の雄姿だ。
10月も末ともなると、山頂付近はうっすらと雪化粧し、
ハイマツの緑を残し山肌は紅葉に包まれ濃くなった青い空にそびえる姿に
ついつい目が奪われてしまう。

八ヶ岳が車の後方に去ると、道は白樺平に差し掛かり
つづら折れの峠道は今シーズンの紅葉のピークを迎えていた。

カテゴリー: 風景
記入者: ishizaka

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2007年10月 12日

 旭川から富良野の悲惨


旭川空港を1時近くに到着、富良野まで行って日帰りの日程。
途中、ラベンダー畑を見たり、美馬牛の駅にも寄ってみた。

美馬牛の駅は、大正時代のままのつくりで保存してある。
おばあさんがノロッコが走ると言っていたが、意味がよくわからない。
ノロッコとは、蒸気機関車のことらしい。


寄り道しているうちに時間がなくなってきたので、
富良野まで食事もせずに向かった。

現地調査が終わって、少し暗くなってきたが、
このまま旭川市外まで言って、旭川ラーメンでも食べようと一路旭川市街に。
途中、旭山動物園の看板もあったが、もう閉まっているだろう。
やっとのことで、市街に着いたが、食事をとる時間は無さそうだ。
しょうがない、空港で食事をとるしかないと、空港に到着。
メルマガの景品を買って、レストランに行くと、
午後8時前だというのにこれが全部閉店。

一刻も早く、待合室に入り何か食べないと、昼飯抜きの晩飯抜きになる。
待合室に入って、売店が開いているのを見て安心したのもつかの間、
全てお弁当は売り切れ、ビールとおつまみで遅い昼食をとった。
売店の女の子に、閉まるのが早すぎると文句を言ったが、
買うのが遅すぎるみたいな態度だった。
カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ




9月下旬、志賀高原~万座を経て、『志賀草津ルート』で軽井沢へ抜けた。
ダイナミックかつ変化に富む山岳ドライブが楽しみたかったから。 紅葉に少し早いことは承知の上だ。


湯田中から登っていくと、”下界”は晴天だったのに、琵琶池を過ぎるあたりから霧が降りてきた。ウルシ科のハゼノキが赤く色づき、いくつかの湖畔では“草紅葉(くさもみじ)”も始まっている。気温は標高によって18℃から11℃の間を行ったり来たり。



左は休憩場所の草むらで見かけた竜胆。光線が少ないため花びらを閉じていた。右は真っ白で丸いキノコ。傘のイボイボは、“鬼”の金棒にそっくり。
 

長野・新潟・群馬にまたがる『志賀草津ルート』は、標高2000m級の山々を縫う日本有数の山岳ドライブ道路。20万年前の火山運動の名残である、大小さまざまな湖沼、火山ガスの影響で草木が生えず荒涼とした草津白根山をはじめ、這松が山肌にしがみつく森林限界(標高2500m)、亜高山帯に特有のダケカンバや白樺林、モミやコメツガなどの針葉樹林など、太平洋性と日本海性の気候が混在するエリアでもあるだけに、変化に富む風景が次々に現れ、見飽きない。近隣には火山の恩恵=温泉(草津、万座etc,…)があまた湧出しているのはご存知の通り。

厳しい自然を背景にした紅葉の美しさは格別。見ごろは本州では最も早く、3連休あたりから10日間ほど。異常気象のため、紅葉の見ごろは少し遅れ気味といわれるけれど、今秋もこんなものでしょう。

※豪奢な紅葉が見られる志賀高原へ、貸別荘では、№10-211(ダイアパレス志賀高原)と№05-13(マウントマリーナ草津)が最寄り。秋の滞在、いかがですか?
http://www.reson-ltd.co.jp/reson-net/tyoukilist-karuizawa.html
カテゴリー: 風景
記入者: koba

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2007年09月 29日

 奄美・加計呂麻島に渡る


奄美大島空港から2時間あまり南に行くと瀬戸内町古仁屋(こにや)港に着く。
その先に加計呂麻島がある。
島に渡るには、フェリーか水上タクシーで行く。
水上タクシーは貸切3500円、時間待ちの相乗りは350円と高くは無い。
今回は、渡った後のレンタカーの手配もあるので、貸切で利用させてもらった。
加計呂麻島は、フーテンの寅さんも来たみたいで記念碑があった。


帰りは船長室に乗せてもらい貸切で帰ってきた。
奄美はマングローブも茂っていて、海と山に囲まれた自然環境がよく保存されている。
産業は大島紬が有名だが、伝統的な産業もなかなか厳しいようだ。
焼酎産業は割りとうまくいっているみたいだ。


カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2007年09月 28日

 備前は陶芸の町


新神戸空港に初めておりて、綺麗な空港だと思った。
備前まで山陽自動車道で1時間半ぐらい、
インターを降りると、右も左も備前焼の店が良く目立つ。

備前焼の土は、ここで取れるそうだが、いい土はすぐに買い占められてしまい、
ここでの資産家は沢山備前焼の土を持っている人のことを言う。


帰りは神戸空港の写真を撮りに、わざわざ寄ってみたが、暗くてとれなかった。
でもロケーションもよく、建物も雰囲気がある空港だ。

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ



 2007年09月 12日

 壇ノ浦・下関


関門海峡を車で渡ったのは、初めてだと思う。
山口からの帰り、壇ノ浦のサービスエリアがあったので、休憩した。
平家物語の語りに出る有名なところだが、どこら辺かお店の人に聞いてもよくわからない。
関門海峡を一望できる、景色の良いところだ。
耳無し芳一の話など思い出したが、このサービスエリアには何の説明もない。
壮大な戦と悲劇がここで繰り広げられたのだが、関門海峡はとても美しかった。

カテゴリー: 風景
記入者: morita

参加ランキングサイト
  応援クリックよろしくおねがいします!
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ 人気ブログランキング


リゾート物件情報Webリゾート物件情報Webへ


«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 65 | 66 | 67 | 68 | 69 || Next»